治療の流れ

1カウンセリング

カルテに現在のお体の状態、今までにかかった病気、飲んでいるお薬、睡眠時間や食事内容などを記入していただきます。

カルテをもとに、詳しくお話しを伺います。

 

2お着替え

半そで・短パンの治療着に着替えていただきます。

 

3触診

脈診(お体の五臓六腑の状態が表れます)、腹診(冷えがないか、かたい部分がないかなどを診ます)、舌診(舌の色や形にも内臓の状態が表れます)などでお体の状態を把握します。

 

4施術

カウンセリングと触診によって東洋医学の証を決め、治療を行います。熱や水がたまりすぎているところは取り除き、気・血・水が足りなくて弱っているところは補います。全身の気・血・水のバランスを調え、流れをよくすることで、本来持っている自然治癒力を高め、症状の改善につなげます。

そのため、「腰痛」で来院されても、腰だけでなく、頭のてっぺんからつま先までの状態を見て、全身治療を行います。症状を引き起こす根本となっている体の弱っている部分を補うことが大切だと考えるからです。

 

5アドバイス

お体の状態の説明と食事や生活の養生法をアドバイスさせていただきます。