ごあいさつ

香・鍼灸治療室のホームページにようこそ。

 

当室は、女性と子ども専門の治療室です。

目白で、おひとりおひとりの体質に合わせた

ていねいで優しい治療を行っています。

 

2000年以上の歴史を持つ鍼灸治療に加えて、

骨格調整も行っているのが特徴です。

 

東洋医学的な見立てと

骨格の歪みからくる痛みやしびれなどの不調がないかを

診ていきます。

 

腰痛や肩こり、膝痛などの不調はもちろん、

女性ならではの婦人科系のトラブルの改善や

健康と美容維持のお役に立ちたいと願っています。

 

 

 

 

 

 

 

●婦人科系のトラブル………月経痛・月経不順・月経が数か月ない・月経前にイライラする月経前症候群

●不妊症・不育症……………子どもがなかなか授からない、授かっても流産しやすい

●腰痛、膝痛、五十肩、腱鞘炎など………その部位になぜ負担がかかっているのかを姿勢検査をもとに解明し、骨格調整を行います

 

●産後の悩み…………………おっぱいが出にくい、抱っこや授乳による腱鞘炎やバネ指・腰痛・肩こり・うつ

●更年期症状…………………のぼせ、ひどく汗をかく、めまい、耳鳴り、ゆううつ、不眠、肩こり、心臓がどきどきする

●美容…………………くすみ、くま、しわ、ほうれいせんが気になる、フェイスラインのたるみ、眼瞼下垂

そのほか、病院に行ったり、検査で異常はないといわれても、

いつも体がだるくて重い、足やひざが痛い、イライラする、

胃腸の調子が悪い、肌荒れがひどい、手足が冷たい、

慢性の便秘、眠れない、肩こりがひどい、頭が痛い、目が疲れる…

といった症状をお持ちの方は、ご相談ください。

 

 

東洋医学ってなに?

東洋医学は西洋医学と違って、症状や病気を部分として診るのではなく、

体全体の不調としてとらえます。たとえば「腰痛」の場合は、「腰」そのものだけに注目するのではなく、脈診・腹診・舌診したうえで、腰をつかさどる臓器である「腎」機能の衰えがないか、足やお腹の冷え、胃腸の働きのよしあしなど身体全体を診て「証」を決め、治療を行います。

 

その症状を引き出しているもととなる、五臓六腑の疲れや気・血・水の滞りをなくすための全身治療を行うことで、免疫力がアップし、自然治癒力が高まり、さまざまな症状が改善します。

 

定期的に治療を続けている患者様からは、

「そういえば、最近、生理痛がなくなった」「風邪をひかなくなった」

「手足のひえや顔ののぼせがなくなった」「便秘が解消された」

「くよくよしないで考え方が前向きになった」…

といった感想をいただきます。

 

お薬に頼るのではなく、自分自身の自然治癒力を高めて

心身ともに元気になる

鍼灸治療をぜひお試しください。